GALERA 代表

HIROAKI TANAKA

不動産業界のオウンドメディア。SUUMO・HOME’S・アットホームの場合

182821298

不動産業界のオウンドメディアについて代表的なサイトを調べてみました。

ユニークユーザーの多い不動産情報サイトTOP3

Startups Todayによると、ユニークユーザーの多い不動産情報サイトのランキングは以下のとおり。
1_UU
出典:http://linkyoshi.com/blog/

こうやって見てみると、「スーモ」「ホームズ」「アットホーム」の3サイトが飛び抜けていますね。
今回はこの3サイトのオウンドメディアについて調べることにしました。

1. SUUMOジャーナル

03241730
http://suumo.jp/journal/

SUUMOジャーナルは、リクルートが運営するスーモのメディアサイトです。

プロモニスタによると、「Yahoo!ニュース」や「livedoorニュース」「ニコニコニュース」とメディア提携があるようです。
Yahoo!ニュースにも掲載されているということで、これらのサイトからの流入も多そうですね。

また、記事の更新頻度がとても高く、平日のみの更新にはなっていますが、平日は毎日およそ8~12記事ほどの投稿があります。

沿線や駅名の入った記事が人気記事となっているケースが多いようで、ユーザーの関心の傾向が表れているように感じます。
また、スーモとの親和性もとても高そうです。

ちなみに、スーモのトップページには、SUUMOジャーナルの新着記事がサムネイル付きで表示されるようになっています。

2. HOME’S PRESS

03241517
http://www.homes.co.jp/cont/press/

株式会社ネクストが運営するホームズのメディアサイト。

各種専門家やライターによって記事が更新されており、現在の執筆者は56名もいらっしゃるようです。(HOME’S PRESS オピニオンリーダー・ライター紹介

exiciteニュースとのコンテンツ提携もあるようで、集客力も高そうです。

人気記事の傾向としては、どちらかというと専門性の高い記事が多いように感じます。

また、サイトのフッター部分やサイドバーなどには、ホームズに移動するリンクが多く設置されていますが、逆に、ホームズのトップページでは、ページを少しスクロールしたところに「住まいの最新トレンドを見る」という箇所があり、このリンクからHOME’S PRESSに移動できるぐらいです。

あくまでも、HOME’S PRESS から ホームズへの送客がメインとなっているようです。

3. at home VOX

03241828
http://www.athome.co.jp/vox/

こちらは、賃貸・不動産情報サイト アットホームのメディアサイト『at home VOX』です。

記事のコンテンツは、SUUMOジャーナルやHOME’S PRESSとは大きく異なっているように感じます。

SUUMOジャーナルとHOME’S PRESSは、専門的な雰囲気があり、やや堅い印象もありますが、「at home VOX」ではユニークなイラストも多く使用されています。

また、「花見で酒盛りを楽しみにしているのは40代男性と20代女性!」といった記事や「ホラーが苦手な男性も、意中の女性に誘われたら男気を見せる」といった記事など、不動産とは関係がないようなアンケート結果の記事も多く掲載されています。

個別ページから外部サイトの記事に移動するコンテンツも多く、キュレーションサイトにも近いと思います。

記事の更新頻度は平日は毎日で、1日におよそ2~4記事の更新となっています。

ちなみに、スーモのトップページでは、SUUMOジャーナルの新着記事がサムネイル付きで表示されていますが、アットホームの場合は、トップページのサイドバーにat home VOXのバナーが設置されているのみとなります。

まとめ

不動産賃貸業界は、SEOやリスティングでも「不動産」「賃貸」「○○○○(エリア名) 賃貸」など、ビッグキーワードのほかにも競争の激しいキーワードが多く、広告費用が高騰するなかで、これまでと同じ集客方法だけをとり続けるのは負担が大きいともいえます。

そういったなかで、オウンドメディアの運営によって、ファンの獲得や認知拡大、ロングテールキーワードのSEOなどが可能になるのであれば、不動産賃貸業界とオウンドメディアは相性が良さそうにも感じます。


GALERA 代表

HIROAKI TANAKA

WebマーケティングやUI/UX、CRO、デザイン、SEO、海外のWebの動向などに興味があります。
アメリカ・フロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールドでホテルマンとして働いていたこともあり、その頃は、フランス・イタリア・ドイツ・アフリカ・モロッコの人達とルームシェアをして暮らしていました。

> トップページに戻る