GALERA 代表

HIROAKI TANAKA

ソーシャルボタンを見直そう。ソーシャルボタンを外すとコンバージョン率が上がる場合も[A/Bテスト]

computer-280_r

FacebookやTwitterなどのソーシャルボタンは、いまでは多くのサイトに設置されています。
ソーシャルメディアで拡散されることを期待するなら、できるだけユーザーの目につく場所にソーシャルボタンを設置したくなりますし、実際にサイトのどの位置に設置するとソーシャルボタンのクリック率が高まるかという検証も多くなされています。

そのように、いまではソーシャルボタンを設置することが当たり前になってきていますが、場合によっては、ソーシャルボタンを削除することでコンバージョンが増加するケースもあるようです。

出典:Removing Social Sharing Buttons Increases Conversions.

ソーシャルボタンの有無によるA/Bテスト

A/Bテストを行ったのは、フィンランドの taloon.com というECサイト。
家庭で使われる様々な器具や設備などを販売しています。

このサイトでは、もともと商品詳細ページの商品画像の下に、Facebook、Googleプラス、Pinterestの3つのソーシャルボタンを設置していました。

A/Bテストでは、
・商品詳細ページにソーシャルボタンを設置している場合
・商品詳細ページからソーシャルボタンを削除した場合
の比較が行われました。


変更前
Original1.png.pagespeed.ce.3xZQI9svJX
出典:https://vwo.com/

変更後(ソーシャルボタンを削除)
Challenger.png.pagespeed.ce.CZUcKUtHan
出典:https://vwo.com/

A/Bテストの結果

0715accf28f
出典:https://vwo.com/

商品詳細ページから全てのソーシャルボタンを削除することで、ユーザーが商品をカートに入れる率が11.9%増加しました。

なぜコンバージョンが増加したのか?

1. 表示されているシェアの数がゼロだった

このA/Bテストを行った taloon.com は、もともとソーシャルボタンに表示されているシェア数が、ほとんどのページでゼロでした。

ソーシャルボタンに表示されているシェア数はユーザーの意識に大きな影響を与えます。
表示されている数が多い場合には、ソーシャルボタンはとても心強い味方となってくれますが、その数字がゼロや少なすぎる場合には、ユーザーはその商品やそのサイトに対してネガティブな印象を持ってしまうようです。

2. ユーザーの意識が分散してしまう

1ページにつき1つのゴールが設定されているサイトは、ユーザーにとっても分かりやすいページとなり、結果的にコンバージョンにも繋がりやすくなります。
一方、選択肢が多いほど、ユーザーの意識は分散してしまいます。

出典:Removing Social Sharing Buttons Increases Conversions.

おわりに

いまではソーシャルボタンを設置することが当たり前になってきていますが、今回のケースのようにソーシャルボタンに表示されているシェア数がゼロや少なすぎる場合にはネガティブな要因となってしまうケースがあるようです。

今回の場合、Social Proof(ソーシャル・プルーフ:社会的証明)がマイナスに働いたといえそうです。

一度それぞれのサイトでA/Bテストを行って検証する必要があるかと思いますが、場合によってはソーシャルボタンを外した方が良い結果につながる場合もありそうです。


GALERA 代表

HIROAKI TANAKA

WebマーケティングやUI/UX、CRO、デザイン、SEO、海外のWebの動向などに興味があります。
アメリカ・フロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールドでホテルマンとして働いていたこともあり、その頃は、フランス・イタリア・ドイツ・アフリカ・モロッコの人達とルームシェアをして暮らしていました。

> トップページに戻る