GALERA 代表

Hiroaki



ランディングページは目的(ゴール)によって重視する点が変わります

ランディングページとは、ユーザーがバナー広告やリンクをクリックした際に表示されるページのことです。

短縮して、LPと呼ばれることも多いです。

ランディングページと一般的なウェブサイトとの違いは、ランディングページは何かの商品やサービスを売るために、そのページだけで完結するように作られたページということです。
通常、ページの長さがとても長いページになりがちです。

ランディングページも最大の目的は、そのページによって「売り上げを上げること」です。

そのためにランディングページを最適化することも、とても重要です。

LPOについて

ランディングページの最適化をLPOといいます。

LPOとは、「ランディングページ最適化」を意味します。
英語では、Landing page optimizationとなります。

ランディングページで重要な要素は様々ですが、まず一番最初に目に入るファーストビューは重視しなければいけません。
ユーザーはサイトを数秒閲覧しただけで、そのサイトを見るかどうか判断します。

このファーストビューでユーザーにもっと見たいという気持ちにすることができなければ失敗となります。

ランディングページは、ユーザーがWebサイトに訪れ、Webサイトの運営側の収益となる取引を行うかどうかを左右する重要なページとなります。

コンバージョンを高めることが使命

ランディングページでは、目的に応じて何がコンバージョンであるかは異なりますが、コンバージョンを高めることが使命となります。

コンバージョンとは、ユーザーが会員登録や商品購入など収益につながる行動を行うことで、全閲覧者に対するその行動の割合をCVR(コンバージョンレート)といいます。

LPOは、SEOと並び重要なWebマーケティングの手法といえます。

このLPOに関して確かな施策が行われていない場合、せっかく訪れたユーザーが目的の行動を起こす前に去ってしまう可能性が高まります。
目的の情報へすぐにたどり着けるようにすることもLPOの代表的な手法といえます。

また、LPOは様々な工夫が可能です。
例えば、ユーザーが訪れた時間や曜日に合わせてランディングページに表示される内容を変化させたりすることも、ひとつの手法といえます。

ランディングページは目的によって重視する点が変わる

ランディングページは、様々な商品や業界、業種で使用されていますが、一言でランディングページといってもその目的などによって作り方は変わってきます。

資料請求を受け付ける場合

資料請求は、その時点ではまだ料金の支払いなどが発生しませんので、ユーザーの心理的にもコンバージョンのハードルは低めだといえます。
ある程度詳しい説明は必要ですが、「もっと詳しく知りたい方は資料請求を」というかたちで促すことも可能です。

資料を請求したくなるような文章やキャッチフレーズを用意する必要があります。

ただ、資料請求をするということは、住所や氏名などの個人情報を入力しないといけないので、ユーザーに信頼してもらえるページ作りが重要となります。
怪しいと思われず、このページは信頼できそうだと感じてもらえる配色や画像選びが重要です。

有料サービスの申し込み

この場合は、直接料金の支払いが発生しますので、そのページでお金を払ってもいいと思ってもらう必要があります。
魅力をしっかり伝えるキャッチフレーズも必要ですし、その料金を支払う価値があると感じてもらえるように、分かりやすく・詳しくサービス内容について記述する必要があります。
また、支払い手続きをしてもらうためには、そのページが十分に信頼できるかも重要です。

お店のサービス(エステなど)の予約

そのサービスを受けたくなるような文章が必要です。
また、写真選びもとても大切です。
例えば、エステのランディングページであれば、施術を受けるとこんなに良いことがあるといったイメージを湧かせる必要があります。

法人向けのランディングページ

信頼性のあるページづくりが重要です。
また、他社や競合サイトなどと、どういった点が異なるのか、どういった点が優れているのか、明確に示す必要があります。
可能であれば様々な数値・データを示しましょう。

商品を売るためのランディングページ

商品の販売を目的としたランディングページの場合、写真を多用することが大切です。
また、その商品の魅力をしっかり伝える文章も重要です。
単にその商品の写真のみを写すのではなく、重要なのはその商品を使用している世界観を伝えることです。


GALERA 代表

Hiroaki

Webマーケティングやデザイン、コンバージョン率最適化、SEOなどに興味があります。
アメリカのウォルト・ディズニー・ワールドでホテルマンとして働いていたことがあり、その頃は、フランス・イタリア・ドイツ・アフリカ・モロッコの人達とルームシェアをして暮らしていました。

» HOMEに戻る