GALERA 代表

ひろあき



Webマーケティングでよく使われる基本的な用語一覧

Webマーケティングのなかでよく使われる基本的な用語をまとめてみました。

用語一覧

SEM

SEM(Search Engine Marketing)
SEMとは、検索エンジンでの訪問者を増やすための施策を行うことです。

最近では一般的になったSEOと広告を出稿するリスティング広告(PPC広告)などを併せてSEMといいます。
ただやみくもに広告を出すよりも、関連性の高い検索キーワードに対して広告を表示することができますので、高いROI(投資収益率、投資利益率)が期待できます。

コンバージョン

コンバージョン(Conversion)
コンバージョンとは、サイトの成果のことを指します。
なにを成果にするかはサイトによっても、それを判断する担当者によっても異なります。

例えば、保険のQ&Aサイトなら「資料請求」がコンバージョンとなったり、販売が目的のサイトであれば実際の購入がコンバージョンとなります。

インプレッション

インプレッション(Impression)
インプレッションとは、広告が表示された回数のことです。

CPA

CPA(Cost Per Action)
CPAとは、1件のコンバージョンを獲得するのに要した費用(成果単価)のことです。

この数値が低ければ低いほど、低いコストでコンバージョンを獲得できているということになります。

CVR

CVR(Conversion Rate)
CVRとは、リスティング広告などからの訪問者数に対して、どれぐらいのコンバージョンがあったかの割合です。

CTR

CTR(Click Through Rate)
CTRとは、広告のクリック率のことです。
広告が表示された際にどれぐらいクリックされたのかの割合となります。

この数値が高ければ、一般的にはユーザーにとって興味を引く広告だということになります。

CPC

CPC(Cost Per Click)
CPCとは、1クリックあたりの広告コストのことです。
アドワーズなどのクリック課金型の広告では、クリックされるたびに広告費がかかりますので、この数値も重要となります。

CPM

CPM(Cost Per Mill)
CPMとは、1,000回表示あたりの広告コストのことです。


GALERA 代表

ひろあき

Webマーケティングやデザイン、コンバージョン率最適化、SEOなどに興味があります。
アメリカのウォルト・ディズニー・ワールドでホテルマンとして働いていたことがあり、その頃は、フランス・イタリア・ドイツ・アフリカ・モロッコの人達とルームシェアをして暮らしていました。

» HOMEに戻る